2011/5/18

オフライン対応

ローカルストレージAPIを使用することで、クッキーを使用せずとも、ローカルへデータの保存が可能になりました。
クッキーよりもより大容量のデータを、クライアントサイドに保持しておくことが可能になります。

【サンプル】

テキスト:

set ボタンを押すと、ローカルストレージにテキスト欄に入力された文字列を書き込みます。
get ボタンを押すと、ローカルストレージからデータを呼び出した文字をポップアップします。

試しに、テキストを入力し、set ボタンを押し、その後、ページをリロードして、get ボタンを押してみて下さい。
リロード前に入力していたテキストが表示されるはずです。

ローカルストレージへのアクセスは以下のように localStorage ハッシュを介してアクセスすることが可能です。

この記事に関するお問い合せ

株式会社クーシー 担当:三上
TEL:019-656-0003 E-mail:mikami@coosy.co.jp

HTML5の研究活動一覧へ戻る
COOSY Inc. Head Office : F Nissei Ebisu Bldg.7F 3-16-3 Higashi Shibuya-ku,Tokyo,Japan Laboratory : IPU Innovation Center 2-7, 152-409 Sugo Takizawa-shi,Iwate,Japan

Top of Page