• Company Information 企業情報
  • What's COOSY? クーシーについて
  • Consulting コンサルティング
  • Work System ワークシステム
  • News & Topics ニュース&トピックス
アクセスマップ東京
お問い合わせ

COOSYってどんな意味?

よく聞かれる質問です。
いつもは「意味はないんですよ」なんて答えたりしますが、じつは、深い思い入れがあるのです。
もともとCOOSYは、代表の田中心作が、自然豊かな東京郊外にある実家の自室で、留学先から持ち帰った大きなMacを使い、試行錯誤を重ねながらウェブサイトをつくっていたころに始まります。

せっかくなら新語を

地元の園芸店や飲食店のウェブサイトをつくって生計を立てつつ、大きな会社からのオファーも増えてきたころでした。「個人だと仕事がやりにくいから法人化して!」という要望が集まり、重い腰を上げたのが1999年。
さあいよいよ法人化、いざ会社名を決めようというとき、常用語としてすでに存在する言葉ではなく、新しい言葉をつくりたい、そう思いたったのです。

すべてはひらめきから

“CUTE”や“COOL”など、頭文字に“C”がつく会社名がいい!というインスピレーションがビビッと。
考えに考え抜いて「COOS」という名前が候補に浮上しました。

あれ、COOSYじゃないの???

──そうなんです、はじめは「COOS」という名前にしたかったのですが、その言葉はすでにドメインが取られていたのでした。じゃ、しかたないからYを付けちゃえ、それで「COOSY」になったのです。

名前の持つ力

“CUTE”は「かわいい」だけでなく、「利口な」「気の利いた」という意味でも使われます。 “COOL”には「すてきな」「すばらしい」「名人」「精通した」という意味もあります。また、イギリス英語には“COSY”という言葉があります。「心地よい」「打ち解けた」「和気あいあいとした」、そして「心の通いあう」といった、日常的、平和的な温かい言葉です。
そんなわけで「COOSY」とは、クリエイティブやコミュニケーションにおいて「絶対的なよさをもっているもの」を象徴する造語で、気が変わったらまた新しい名前を考えればいいかな、と軽い気持ちでつけた名前でした。そして、10年間使いつづけて名は体を表したのか、たくさんの人に愛される会社となりました。

COOSYでありつづけるために

わたしたちはクリエイティブ・エージェンシーとして、ジャンルを超えたさまざまなことに挑戦していきたいと思っています。ウェブ、紙媒体、携帯コンテンツはもちろんのこと、新規事業や新規サービス、飲食店やショップ、さらには貧困地域での農業やボランティア活動、発展途上国での学校設立などなど…。

本当にそんなことができるの! なんて、驚いたり意外に感じてもらえれば、しめたもの。

次々に湧く発想と直感を大切にしながら、アイデアがビジネスとして実現する可能性を積極的に模索していきたいと思います。そしていつか、若い人たちが街中で「あの人 “COOSY”だね!」とか、「あのデザイン“COOSY”だね!」なんて言っているのを耳にできたなら、こんなに嬉しいことはありません。

COOSY Inc. Head Office : F Nissei Ebisu Bldg.7F 3-16-3 Higashi Shibuya-ku,Tokyo,Japan Laboratory : IPU Innovation Center 2-7, 152-409 Sugo Takizawa-shi,Iwate,Japan

Top of Page