2011/5/18

文法の変化

文書型宣言と文字エンコーディング記述の簡素化

HTML4 の場合は以下のように記述する必要があり、それぞれ利用可能なタグが別でした。

HTML5 では以下のようにシンプルな記述で統一されるようになりました。

文章の構造化

header,nav,footer,section,article 等のタグが追加されました。
これによって、文書の構造が機械的に解釈しやすくなりました。
既に Google は、Web ページもさることながら、検索エンジン側もHTML5の記法に対応しているようです。
(参考URL SEARCH ENGINE ROUNDTABLE)

高い互換性といくつかの廃止要素

新しいタグ基本的には下位互換性が保たれるように規定されています。 ただし、CSS で扱ったほうがよい脚色的な要素は削除されています。

廃止されるタグですが、文字装飾系のタグは CSS で実施するべきものとして、廃止するようです。 以下のタグが該当します。

basefont, big, center, font, s, strike, tt, u

以下のタグも、上記タグと同様で、文字装飾の為のタグであるため、CSS で実施すべき要素と思われますが、 比較的広く使われているタグであるという理由から、HTML5 の仕様に残るようです。

b, i, small

この記事に関するお問い合せ

株式会社クーシー 担当:三上
TEL:019-656-0003 E-mail:mikami@coosy.co.jp

HTML5の研究活動一覧へ戻る
COOSY Inc. Head Office : F Nissei Ebisu Bldg.7F 3-16-3 Higashi Shibuya-ku,Tokyo,Japan Laboratory : IPU Innovation Center 2-7, 152-409 Sugo Takizawa-shi,Iwate,Japan

Top of Page